車フリマ(車個人間売買サイト)の利用を考えてるけど…

  • フリマって本当に売れるの?
  • 個人間売買って危なくない?
  • どのフリマサービスが良いの?

このような疑問を感じたりもします。

実際に口コミを調べてみても…

相場より高値で売れた!

トラブルに巻き込まれた…

意見が分かれてます。

この差は一体どこから来るのでしょうか?

実は「売れなかった」「トラブルに巻き込まれた」という人は、

車フリマサービスの選び方を間違えてしまっている可能性が高いです。

逆の言い方をすると、

車フリマサービスの選び方」さえ間違わなければ、

貴方の車が高く売れる可能性がグンッと高まるということです。

今回は車フリマの間違った選び方から失敗しないための選び方、車フリマサービスの比較紹介までしていきたいと思います。

車フリマの間違った選び方

車フリマサービスの間違った選び方としては、

車以外の売買もされているフリマサービスを選んでしまうということです。

有名どころでは、

  • ジモティー
  • メルカリ
  • ヤフオク

などのフリマサービスです。

理由としては、

  • 手数料が意外とかかる
  • 出品からすべて自身で行う必要がある
  • 業者や悪質な利用者が多い
  • トラブルが起きた時のサポートが頼りない

などです。

手数料が意外とかかる

出品手数料
出品手数料

0円

販売価格の10%

3,080円

購入手数料
購入手数料

0円

0円

3,080円

ジモティはかからないにしろ、

  • メルカリは販売価格の10%
  • ヤフオクは一律3,030円

出品作業~相手との交渉陸送費などの追加費用まで考えると、手数料が高い

と感じます。

さらに、手数料がかからないジモティでも車専門のフリマサイトではないので、

車の知識が乏しい利用者が多く、購入後に記載されていた価格よりも値上がりしたなんてことも..

ジモティーで購入しようとした方の口コミ

大手フリマサイトだと意外と手数料がかかる上に車知識が乏しい方も多いということですね

出品が大変

車の写真を撮るのはもちろん、

  • 車の特徴
  • 車種
  • 年式
  • 型番
  • 走行距離
  • 燃費
  • ドアの数
  • 車検の有無
  • 修理部分
  • 交換したパーツ
  • 車を手放す理由

などの最低限の車情報を記載する必要があります。

そして、価格の設定はもちろん、

納車後の相手からのクレーム対応

まで自身で対応する必要があります。

「思っていたより傷が多かった」などの納車後のトラブルにも自身で対応する必要があるという事ですね

業者や悪質な利用者が多い

車専門のフリマサービスではない為、

  • ドタキャンする人
  • 転売目的の悪質業者
  • 個人情報が目的の悪質業者

など、

売れたと思ったらトラブルに巻き込まれてるパターン

も少なくありません。

悪質な方に遭遇した方の口コミ

なんでも取引できる分、転売目的や悪質な利用者も少なくないということですね

トラブル時のサポートが頼りない

車専門のフリマでない分、

サポートがかなり頼りないです。

具体的には、個人間でのトラブルが実際に起きても

  • 個人間で解決してください。
  • 自己責任です。
  • 警察に相談してください。

など、

対応してくれないもしくは対応してくれるまでに時間がかかるパターンばかりです。

トラブルが起きた方の口コミ

質の悪い利用者が多い分、トラブルが起きた場合でも中々対応してくれないということですね

オススメの選び方を紹介!

いよいよここからは、

車フリマ選びで失敗しないための3つの条件

を紹介していきます。

\失敗しないための!/
「車フリマ」選びの3つの条件

車専門のフリマである

車専門のフリマを選ぶことで、

  • 利用者全員車目的の為、単純に売れやすく、中古車の質が信頼できる
  • 車知識があり、取引がスムーズに進む
  • トラブルが起きた場合でも、サポート側も慣れてるのでスムーズに解決できる

など、

車の売買自体もスムーズに進みやすく、安心して利用できるので車専門のフリマを選ぶのがオススメです。

相手に個人情報がバレないフリマである

車フリマサイトの中でも、

個人間で直接、売買するサイトは複数あります。

ですが・・

相手側に自身の名前や住所などの個人情報がバレてしまう結果、

個人情報の流出に繋がるリスクも出てきてしまいます。

一方で、売買相手との間に入ってくれるフリマであれば、

相手に個人情報が伝わらず

結果、個人情報が流出するリスクを避けられます。

さらに個人間の間に入ってくれるフリマだと転売目的の業者や個人情報目的で利用する悪質なユーザーが利用を避ける為、

トラブルに巻き込まれるリスクの軽減

にも繋がります。

売買後のサポートが手厚いフリマである

フリマの中でも、

売買後のサポートが手厚い車フリマは、意外と少ないです。

というのも、車情報を出品者本人が入力するフリマが多く

トラブルが起きても車情報を入力した本人の自己責任と対応してもらえないケースが多いのが事実だったりもします。

ですが一方でしっかりとサポート対応してもらえるフリマもあります。

中古車とはいえ取引金額も決して少額ではないのでサポートが手厚い車フリマを選びましょう。

「車フリマ」を選ぶ上で失敗しない為の3つの条件は以上です。

ここでおさらいしておきましょう

車フリマ3条件
  • 車専門のフリマである
  • 相手に個人情報がバレないフリマである
  • 売買後のサポートが手厚いフリマである

\3つの条件を満たした/
「車フリマ」を厳選して紹介!

車フリマサービスを比較紹介!

サービズ名
サービズ名 カババ クリマ ガリバーフリマ
評価
評価
出品手数料
出品手数料

0円

5,500円
(税込)

約9,000円~77,000円前後

購入手数料
購入手数料

3,3000円

5,500円
(税込)

約26,000円~69,000円前後

出品方法
出品方法

車査定士が出張査定に来てくれも価格を設定してくれる

会員登録完了後、自身で車検証、車のメーター、メーカー名、車種名、グレード、年式、走行距離を入力していく

会員登録完了後、自身で車検証、車のメーター、メーカー名、車種名、グレード、年式、走行距離を入力していく

出品スピード
出品スピード

出張査定の日程を調整する必要がある

最短当日出品可能

最短当日出品可能

カババ

カババの特徴

  • 売る側は、手数料が一切かからない
  • 出張査定してくれるので出品作業が不要
  • 相場を調べや価格設定が不要
  • 査定~納車、売却後のクレーム対応までOK

出品側手数料

0円

購入側手数料

3,3000円

出品方法

車査定士が出張査定に来てくれも価格を設定してくれる

スピード

出張査定の日程を調整する必要がある

破格の費用

カババの手数料は購入側が支払う手数料33,000円のみで、

出品側は車が売れても費用は一切かかりません。

車フリマであるあるな出品手数料は無料でも、

売れた数万円の手数料が発生するなんてことが一切ないのがカババの特徴でもあります。

ギリギリの価格設定

カババは車鑑定士が売れるか売れないかギリギリの価格設定をしてくれるので、

  • 自身で価格を考える必要もなく
  • 売れ残ってしまう可能性が低く
  • 業者より高額買取で安く買える

などの、

中古車業者にはないフリマ特有の査定ができる

のもカババの特徴です。

中古者業者のような利益ありきの価格設定ではない分、価格にも期待できます。

売却後も安心のサポート体制

カババは、出品側の手数料が一切かからないのにも関わらず、

出張査定~納車、売却後のクレーム対応までしてくれ、他の車フリマより

売却後のサポートが手厚いのが特徴です。

車フリマサイトって危なくない?と不安に感じている方でも安心して利用できる

新常識の車フリマです。

\車フリマの新常識/
カババ公式サイトはこちら
クリマ

クリマの特徴

  • 何度でも無料相談サポート可能
  • 購入手数料が5,500円と業界最安値
  • ネットで簡単、スピード出品可能

出品側手数料

5,500円
(税込)

購入側手数料

5,500円
(税込)

出品方法

会員登録完了後、自身で車検証、車のメーター、メーカー名、車種名、グレード、年式、走行距離を入力していく

スピード

最短当日出品可能

何度でも無料相談可能

車売買に関することなら何度でも無料で相談可能です。

(電話では9:00~19:00まで、メールでは24時間相談可能)

これは一見ありがたい制度のようですが裏を返せば、

登録や出品する際に質問しなけれならないほど面倒な可能性も考えられます。

手数料は一律5,500円

登録、出品手数料は無料。

成約した場合にかかる手数料は買う側、売る側ともに一律5,500円(税込)と業界最安値です。

車を出品したい方には成約手数料がかからないカババがおすすめ。

ネットで簡単出品可能

ガリバーフリマと同じようにクルマサイトにて、

  • メーカー
  • 車種
  • 走行距離

などの、車情報を入力して簡単に出品することが可能です。

不明点があれば電話聞きながら出品できるのもクリマの特徴です。

車情報の入力が面倒だと感じる方は無料で出張査定してくれるカババがおすすめ。

\購入側手数料が業界最安値/
クリマ公式サイトはこちら
ガリバーフリマ

ガリバーフリマの特徴

  • 知名度があり、大手ならではの安心感
  • ネットで簡単、スピード出品可能
  • 利用者数が多く売買が決まりやすい

出品側手数料

約9,000円~77,000円前後

購入側手数料

約26,000円~69,000円前後

出品方法

会員登録完了後、自身で車検証、車のメーター、メーカー名、車種名、グレード、年式、走行距離を入力していく

スピード

最短当日出品可能

大手ならではの安心感

ガリバーフリマといえば中古車買取業界NO.1の知名度を誇るガリバーのフリマです。

店舗数も多く、それだけで安心して依頼できる人も多いと思います。

ですが、手数料が9,000円~77,000円と高めなのが大手の副産物。

ガリバーを利用してる方なら違和感なく支払える金額でしょう。

ネットで出品が可能

ガリバーフリマサイトにて車種名や年式や走行距離などの車情報を入力して、

自身で出品価格を設定すればネットで簡単に出品できます。

車情報の入力や価格設定が面倒な方は無料で出張査定してくれるカババがおすすめです。

利用者数が多い

大手ならではの利用者の多さ、手続きのスムーズさから、

スピーディーに車を売りたい方にはガリバーフリマがオススメです。

\大手ならではの安心感/
ガリバーフリマ公式サイトはこちら